MEMBER岩田産業のひと

先輩・後輩対談 営業部
田中淳太郎(2年目)×三小田翔一(3年目)

YZYUNTARO TANAKA営業部 田中淳太郎 入社/2017年4月

入社の経緯

正直なところ、就活し始めた頃、具体的にやりたいことというのはありませんでした。野球ばっかりしてたもので…
それでとりあえず、大学時代の部活の先輩である三小田さんに話を聞いてみたのが、岩田産業との出会いです。
仕事のことはあまり教えてくれなくて、「人がいい」って話ばかり(笑)

SHOICHI MIKODA営業部 三小田翔一 入社/2016年4月

入社の経緯

私は田中とは野球部の一学年上で、入社も一年早くなります。
自分の就活では、福岡で働きたい、食品関係で働きたいと思っていたところ、岩田産業を見つけて入社しました。

ー先輩から見て、田中さんの仕事ぶりはいかがですか?

三小田)部活で培われたのか、礼儀はちゃんとしているなという感じです。あんまり一緒に同行はしてないですが、ちょっと人見知りするところがあるのは気になってますかね。私たち営業は、ルート営業だけでなく新規営業も取り組んでいるので。
田中)そうなんですよね。入社前は、必要なものを持って行くだけと思ってたんですけど、入社してから新規営業もすることに気が付いて。正直あんまり得意じゃないんですが…
三小田)でも田中の場合、信頼されるんですよね、キャラ的に。そこは心配してないです。
田中)営業ってもっと堅苦しいものだと思ってたんですよ、入社前は。でもこの仕事はちょっと違いました。飲食店のお客様がフランクな方が多いというのもあると思うんですが、結局「人」を見られていると思うので、人として接すればいいんだ、という感じです。

ー入社して、苦労したことはありますか?

三小田)最初は食品の知識がない状態からのスタートだったので、お客様に商品を紹介するために商品の知識を得るところからでした。ルートに関しては時々変わるので、その都度お客様のことを知ることも大事です。信頼関係を築きながら、いい時にいい提案ができるように心掛けています。
田中)私も、商品知識や引き出しが少ないことで苦労しました。最初は手間や時間はかかってしまいましたが、お客様と接する中で覚えていく方が早いと思います。新商品に関しては、試食会を開いてくれることもあるので、積極的に参加して、新しいパンフレットをお客様に案内したりしています。

ーやっぱり後輩は気になるものですか?

三小田)そうですね…心配はしてないですが、気に掛けるようにはしています。時々田中とは飲みに行ったりしてますね。営業のこと、職場のことなど、相談ごとをしていることが多いです。私もまだ3年目になったばかりで正直余裕があるわけではないんですが、気がついたときには声をかけるようにしています。
田中)入社してから、三小田さんがいることで上司や先輩方と絡みやすい感じはします。自然に会話に交えてもらえるので、若干人見知りな私もすぐ打ち解けることができました。おかげさまで上司にはプライベートでも誘ってもらえるくらい仲良くしてもらっています。休みの日に飲みに行ったり、ちょっと遠出したり。「岩田産業は人がいい」というのは、実感しているところです。

ー野球部のメンバーと、同じ会社で働いていることについて話したりしますか?

三小田)野球部の仲間とは話しますが、一緒に働いていることについて突っ込まれたりということは特にはありませんね。大学時代からつながりがある分、周りの人も含め、長く深い付き合いになっていきそうです。
田中)実は今期同じ大学の野球部から一人後輩が入社するんです。職場は北九州で離れるので、ちょっと気になりますね。機会があれば、みんなで話したいと思っています。

MESSAGE

メッセージ

先輩へ

三小田さんがいてくれたおかげで、仕事をやりやすい環境ができています!これからもよろしくお願いします。

後輩へ

入って1年だけど、ルートをしっかり回れているのはいいと思う!知らないことも多くてきついこともあるかもしれないけど、一個一個覚えていけばいい。これからも一緒に頑張りましょう。

REQUIREMENTS/ENTRY

募集要項・エントリー

TEL.092-513-8807